校長室

平成30年度校長経営方針


平成30年4月4日(水)
うるま市立彩橋小中学校
校 長 佐 次 田 誠


 学校は「人としての基礎」、即ち他人と生きること、社会の中で生きる意義を学ぶ場所です。そこに必須なものが、基本的な知識と人間関係形成能力です。その二点をバランス良く育てて行くのが学校です。
 ここ彩橋は、6年前、4島の学校が統合され発足した新しい学校です。子ども達の課題は年度を経験した方には明確に見えていると思いますが、この地の持つ特性、優位性を活かし、長所を伸ばすことから始めていきます。開校7年目の発展途上の学校ですが、生まれた場所に自信と誇りを持った、志の高い子供たちを育てること根底におき職員一同励んでいく所存であります。注目して学校を眺めて頂ければ幸いであります。
       彩橋小中校一番キャッチフレーズ
 ○沖縄一美しい橋でつながる4つの島 (自然と文化の融合の地)
 ○日本一絆の強い学校 (職員の団結・地域の支え)
 ○世界一きれいな心の子供達 (島を愛し、夢に向かって歩む子)
  ☆伊計・宮城・平安座・浜・比嘉島の優位性を活かして!◎ 本校教育目標から
    (気づき,考え、行動できる心豊かな児童生徒の育成)
     ○自ら学ぶ児童生徒(知)(学ぶことの意義・面白さがわかる子)
     ○心豊かで思いやりのある児童生徒(徳)(生きる楽しさが分かり、人を大切にできる子)
 ○たくましくねばり強い児童生徒(体)(自分を大切にし、目標に向かって努力できる子)       ( )は校長新解釈
1 本年度の重点(県の課題・本校の課題を見すえて)
 
 (1)確かな学力の向上に向けての取組(授業の充実・教材研究の充実・補習体制の確立)  
  ○単元テスト全員到達=1・2年:85%  3・4年:80%  5・6年:75%
    ○中学校:70%達成を確実に。(できないことを前提にせず、目標は目標で!)
 (2)基本的な生活習慣の形成=「早寝・早起き・朝ごはん」の習慣化
 (3)健康安全の充実(個の安全の自覚・・学校の安全環境・他機関との協力)
 (4)情報教育の充実(欲しい情報の獲得と活用、まとめ発信できる)
 (5)地域特性を生かした学習の充実(地域人材や教材の活用、地域の理解と愛着)
 (6)キャリア教育の視点を生かした学習活動の充実(学年の発達段階に応じた内容)
2 市・本年度一事徹底
 「あいさつ・返事・後始末」を定着させる(率先垂範)
 〇あいさつ= 自分から進んで正しい言葉で(先生方や友だちに声掛けの習慣)
 〇返事= 日常生活・授業の中で「ハイ」としっかり言える
 〇後始末= 履物を並べる等、次の人のことを考えた行動
            (本校の玄関の靴箱の踵が揃う学校ですか)
3 行きたくなる学校
 (1)子ども一人一人の居場所がある。
    ○友だちが居て居場所がある(やることがある)不登校・行き渋りが居ない学校
    ○わかる授業が展開されている(意欲が育つ・学びあえる)
    ○時間のけじめ学習の決まりがしっかりしている
    ○読書の習慣が育つ雰囲気がある
    ○給食のマナーやルールがしっかり守れる
    ○清掃や作業をみんなで公平に行える
    ○親や周りに誇れる学校
4 教師の基本は良い授業者
 (1)授業の充実(教師は授業で勝負する)
  ○教材研究の充実(金曜日帰宅時に週案提出、質より習慣です。)
 (2)指導の公平
    ○個々に対して真剣に関わる(児童の背後や実態も理解しできるところまで教える)
 (3)環境としての教師
  ○言語環境を造るのは教師の言葉(授業時さん付け:人権教育 TPOは、キャリアに)
  ○刺激のある新鮮な教室掲示(どの子の主役がテーマ)
  ○教室(学級)は子どもの社会:教師は役場・警察・裁判官・エンジニア等、納得のアドバイスこれ   が揺らぐと信頼を失うばかりか、崩壊にも結びつく (ボスとしての権威を知恵で保つ)
5 教師の姿・聖職
    ○師弟同行の実践(子どもの見本)
    ○服務規律の遵守・自由と管理(出勤、退勤の声かけ、居場所の明確化)
    ○地域においての教師の自覚(地域の目、公務員としてのモラル)
    ○同僚は互いに助け、高め合う(報告・連絡・相談)
    ○地域・保護者の信頼の確立、よき住民、公平な対応(歩み寄りもいいもの:刺身・月桃)
6 昨年度の課題からの課題がありますか?
  ○あいさつが苦手な子がいる?。
 ○朝のチコク、朝の活動にめあては?。
 ○家庭学習の習慣化は?
 ○補習指導の充実(継続・成果を上げた取組は?)
 ○不登校対策、生徒指導の全校体制の取組?
 ※改善策を考えよう!
  ○朝のあいさつの定点を替えて観察します。
  ・名前を呼んであいさつや曜日を決めて、英語であいさつの日が設定出来ると面白い
 ○家庭学習の習慣化と運動等活動のバランスと睡眠時間の確保
 ○放課後の時間確保(部活動と家庭の時間のバランス)
 ○職員の名札の着用による互いの把握。全職員体制による生徒指導、どの子も「彩橋の子」   ◎寄り添うこと係わることで変わる学校・・

 7 その他
  ○校内放送の提案:朝8時より「学校へ行こう・ビューティフルネーム」を流す